敏感肌におすすめの石鹸成分

今、お使いの石鹸が肌に合わないと悩んでいる方も多いと思います。敏感肌は肌が乾燥し、肌の防御力がゼロに近い状態です。そのため、保湿が大切です。
保湿成分のグリセリンは、乾燥を防いでくれるため石鹸を購入する際は成分表示を見たほうが良いでしょう。

敏感肌に良い石鹸の特徴は、ずばり弱アルカリ性であることです。

弱酸性や中性のものは、合成界面活性剤が含まれていることが多いです。合成界面活性剤は、洗浄力が強いため必要な皮脂まで洗い流れてしまいます。

また、アルカリ性の成分が強すぎても、洗浄力が強いためおすすめできません。ごっそり皮脂が流れると乾燥するので、皮脂を残しつつ清潔に洗える石鹸がおすすめです。

様々な敏感肌の石鹸のおすすめ情報はこちらに集まります。

皮脂を残しつつ洗浄できるオレイン酸は、オリーブオイルや馬油が含まれるものに多く配合されています。

敏感肌の方におすすめです。抗炎症成分が入っているものも、敏感肌に良いものと言えます。

肌が赤くなったりピリピリ感を抑えてくれる成分で代表的なものはグリチルリチン酸2K、甘草エキス、カミツレエキスが挙げられます。殺菌成分が入っているものは、刺激が強いのでおすすめできません。
ニキビ用洗顔フォームによく含まれているサリチル酸は肌が赤くなる原因になりますので避けたほうが良いでしょう。

泡立ちをよくするラウリン酸も刺激が強いです。こちらの成分は、脂肪酸の中でいちばん刺激が強いため、成分が含まれていないか購入前に必ずチェックしてください。

そのほかに添加物が入っているものも避けたほうが良いでしょう。



敏感肌に良いと言いつつ、ラウリン酸やサリチル酸が堂々と入っているものもあります。

石鹸を選ぶ際は、成分表示を確認してから選びましょう。



top